S様邸

S様邸

このお客様との出会いは、4年前弊社で開催した冬の完成見学会にご来場いただいた時でした。

玄関に入った瞬間から暖かい家に感激しておられたのを今でも覚えています。

ご主人のご実家と奥様のご実家の間くらいに物件をお探しでした。土地探しを開始しましたが、なかなか理想の物件に出会う事は有りませんでした。

何度かこの土地ではどうか?とのご相談を受け、プランニングと見積りをしましたが、予算をどうしてもオーバーしてしまいます。

お探しの場所で予算内に収めるのは、正直難しいと思いました。

未公開物件で格安な土地など、掘り出し物というのは、滅多にあるものではありません。新築は予算的に正直難しい旨をお伝えしました。

中古物件をリノベーションしたらどうか?との質問に、どこまでやるかによって、予算は随分と変わってきます。新築よりは安くあがるのは間違いないけれど、新築並みの断熱・気密性能を望まれるのであれば、新築と大して変わらないということをお伝えしました。

その中で、程度の良い中古物件を購入することを検討の範囲に入れました。

2年の歳月が経ち、とある中古物件を見て欲しいとの連絡に、同行して物件を見ることになりました。

着工前

私たち建築士が見るのは、まず築年数です。

あまり古いと基礎に鉄筋が入っていないので、上部構造体をいくら補強しても、基礎が壊れたり、土台が基礎から脱落してしまっては、補強のかいもありません。(木造耐震補強の場合は、基本的に上部構造体だけを補強し倒壊を防止するという意味では、かいがないということは有りません。)

まずはそちらを確認します。図面に配筋の事が書いてあれば、なおOKです。つぎに基礎の割れや柱の傾き、不動沈下の有無、雨漏りの形跡を調べます。

特別、目立ったところもないのと、インスペクションを実施することもあり、大丈夫だろうということで、お話をしました。

今回、長期優良化リフォームの助成金を使ってのリノベ予定だったので、インスペクションは必須事項であったため、売り主様のインスペクションがあり少しラッキーでした。

ひら木の施工実績

WORKS

新築注文住宅施工事例

ZEHビルダー

ひら木はZEHの普及に努めています!

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の略。

ネットゼロエネルギー住宅とは、建物の断熱化+機器の高効率化により、使用エネルギーを削減し、さらに、太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる住宅のこと。

ひら木のZEH普及実績と今後の目標

2025年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は100%
2020年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2019年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2018年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2017年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は60%
2016年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は50%

MENU