住まいの冬支度は万全ですか?

こんにちは。広報担当の久米です。

今年は季節の移ろいがこれまでとは違うと感じていますが、この急激な寒暖差で体調を崩されている方も多いのではないでしょうか。

これから冬も本番。おうちで過ごす時間が長くなるので、住まいの冬支度も万全にしておきたいですね。家族がいつも過ごしている部屋が寒いと感じる前に、ぬくぬくぽかぽか、快適な空間づくりをするにはどうしたらいいでしょう?

部屋が寒くなる主な原因は、外気の影響を直接受ける窓からの冷気です。冷気は下に向かってどんどんたまっていき、それにより床が冷え切って足元から寒さを感じてしまうんです。

ひら木では、窓の断熱性を高めることをおすすめします。大がかりなりフォームだとちょっと躊躇してしまいそうですが、今ある窓に樹脂製内窓をプラスすることで、あっという間に外気温の影響を受けにくい快適な室内環境に変えることができます。

冬季における窓の室内側表面温度の比較 【取付前】外窓のみ(単板ガラス3mm) 【取付後】外窓+インプラス(単板ガラス3mm+単板ガラス3mm)

今ある窓に取り付けるだけで「窓」の断熱性と遮熱性がアップするので、暖冷房費が節約できます。お財布にもうれしい効果が期待できますよ!

 また、結露の発生を大幅に抑えることができ、お掃除もラクラクに。結露の発生が抑えられることで、アレルギーやぜんそくを引き起こす原因であるカビやダニの発生の予防につながりますね。

この樹脂製内窓は浴室に取り付けることも可能です。

脱衣所と浴室の温度差はヒートショックをひき起こします。急激な血圧変化をもたらして心臓に大きな負担をかけ、脳卒中や心筋梗塞の要因となります。家の中の温度差をなくすことで、思わぬ病気や事故も未然に解消することができます。

窓の断熱性を高めて体にやさしい浴室の温度が保てれば、体の芯からリラックスできるバスタイムが満喫できますよ。

 

もっと詳しく知りたい!
という方はぜひひら木までお問い合わせください。

戸建てにお住まいの方もマンションにお住まいの方も「住まいが寒いな」と感じる前に、今ある窓にプラスして万全の冬支度をしてみませんか。

ZEHビルダー

ひら木はZEHの普及に努めています!

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の略。

ネットゼロエネルギー住宅とは、建物の断熱化+機器の高効率化により、使用エネルギーを削減し、さらに、太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる住宅のこと。

ひら木のZEH普及実績と今後の目標

2025年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は100%
2020年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2019年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2018年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2017年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は60%
2016年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は50%

MENU