【改正建築物省エネ法】令和3年4月スタート

こんにちは。広報担当の久米です。

近年、温暖化や異常気象などへの対策として、住宅にも環境に配慮した省エネルギー化が求められています。
住宅の省エネ化について省エネ基準を満たしているか、建築士が建築主に説明する「説明義務」が法律で課せられることになりました。
この説明義務制度は、建築士が建築主に省エネ基準に適合しているかどうか、また基準に適合しない場合の省エネ性能確保のために必要となる内容変更を説明する制度です。

住宅の省エネ性能に関して2つの基準があります。

1)住まいの熱を快適にコントロールできること

屋根・外壁・窓などの断熱性能に関する基準(外皮基準)
屋根や壁を断熱材や高断熱窓でくるんで、魔法瓶のような構造にする
高断熱・高気密につくられた家は暖房や冷房が効率的に使用できます。

2)住まいのエネルギーを賢く使えること

暖冷房、換気、給湯、照明など住宅で使う円ベルギー消費量に関する基準(一次エネルギー消費量基準)
高効率のエアコンや給湯器、LED照明にして、エネルギーを上手に使う
高効率空調・給湯設備、太陽光発電、熱交換型換気、省エネ性能が高いLED照明を備えることでエネルギーの使用量が少なくなります。

省エネ住宅にはたくさんのメリットがあります。

<メリット1>環境&家計にやさしい
省エネ性能の高い家電や照明、効率の良い給湯器など最新の機器・設備を導入することでエネルギーの使用を削減でき、環境も家計もプラスに。また太陽光発電などでエネルギーを作り出せば、さらに省エネです。

<メリット2>一年中快適な空間に
断熱性能が高いと部屋の中の温度差が少なくなり、一年中、24時間快適に過ごすことができます。

<メリット3>毎日の健康な暮らしを
断熱性能が高く、あたたかい住宅はヒートショックの防止、高血圧症の防止など、住まう人の健康づくりにつながります。

<メリット4>災害時も頼りに
太陽光発電システムや家庭用蓄電池などを備えておけば、停電時や災害時など、もしもの時に頼りになります。

お住まいの新築をご検討されている方は、「住宅の省エネとは何か」「省エネのメリットって?」といった情報のほか、省エネ基準を満たす住宅にした場合の追加の建築費用や設計費用、計算に要する期間などについて聞いておくことがポイントとなります。

ひら木のつくる家は「高断熱+高気密+高耐震構造」。いつまでも「健康」「快適」「安心」「安全」でいられる心地よい住まいです。高い性能と信頼で、変わることなく住まわれる方の暮らしに寄り添います。

すまいのこと、安心してひら木にご相談ください。

 

ZEHビルダー

ひら木はZEHの普及に努めています!

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の略。

ネットゼロエネルギー住宅とは、建物の断熱化+機器の高効率化により、使用エネルギーを削減し、さらに、太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる住宅のこと。

ひら木のZEH普及実績と今後の目標

2025年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は100%
2020年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2019年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2018年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2017年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は60%
2016年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は50%

MENU