ご入学・ご進学おめでとうございます

こんにちは。ひら木の広報担当の久米です。

4月1日から新年度がスタート!という方も多いのではないでしょうか。ご入園、ご入学、ご進学、そして新社会人とひとつステップアップをされた皆さま、おめでとうございます。新年度のスタートと同時に、新生活がスタートして期待と不安の入り混じったドキドキワクワクの期間がしばらく続きますが、体調など崩されないようお気を付けください。

さて、引っ越しや進級・進学に伴う部屋の模様替えをして、新生活を始めた方もいらっしゃると思いますが、収納スペースに困った!という方も多いのでは?

家族の成長とともに、モノはどうしても増えがちですよね。

不要なものを断ち、捨て、物への執着から離れることを意味する「断捨離」という言葉もありますが、私自身「捨てるには忍びない」とついついその一歩を踏み出せずにいます。

収納が変わると、暮らしはどんどん心地よくなるそうです。
だからこそ収納は量より質が大事。モノがさっと取り出せて管理しやすい収納スペースにすることが大切です。今ある収納スペースを見直すことで、モノに振り回されるストレスから解放されましょう!

ひら木では、「量より質」の収納スペースで皆さまの収納のお悩み解決のお手伝いをいたします。

<1>押入れタイプ
布団をしまいたい!でも他のモノも収納したいあなたにおすすめ

寝具とそれ以外のものに分けて収納できる!

●寝具とそれ以外のものに分けて収納することで、モノの出し入れや管理がしやすくなります。
●布団をしまう位置を低くすることで、出し入れが楽になります。
●洋服や本、生活用品なども収納できるので、部屋がスッキリ片付きます。

 

<2>クローゼットタイプ
クローゼットがなんだか使いにくい。もっと効率よく洋服を収納したいあなたにおすすめ

洋服やバッグを効率よく収納できる

●トップス(シャツ・ジャケット)、ボトムス(パンツ・スカート)、長物(コート・ワンピース)を分けて収納できるので管理がしやすく、スペースの無駄使いを防ぎます。
●バッグやベルト、ネクタイなどの収納場所に困るものの指定席をつくってあげることで、探す手間がなくなります。
●掛ける洋服の後ろの空いたスペースに畳んだ洋服を置くことで、たくさん収納できます。

 

<3>物入れタイプ
取り出しやすくてしまいやすい、ストレスフリーな物入れが欲しいあなたにおすすめ

使う場所が決まっていないものをまとめて収納できる

●物の「行方不明」が防げます。
●棚板をL字型に配置することで、使いたいものがすぐに見つかります。
●棚板を前後に配置することで、季節家電などの大きなものが収納できます。

 

<4>デスクタイプ
自分だけの趣味スペース、落ち着いたワークスペースが欲しいあなたにおすすめ

押入れをデスクとして活用できる

●自分だけの趣味の空間や家事コーナーとして活用できます。
●デスクの横もカバンや書類、プリンター、趣味のものなど多目的に使えます。
●デスクの上は、本棚としてA4サイズの本やアルバムを収納することができます。
●在宅ワーク時にも、仕事に集中できるプチ書斎がつくれます。

 

収納スペースを有効活用したいとお考えの方は、お気軽にひら木にお問い合わせください。

ZEHビルダー

ひら木はZEHの普及に努めています!

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の略。

ネットゼロエネルギー住宅とは、建物の断熱化+機器の高効率化により、使用エネルギーを削減し、さらに、太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる住宅のこと。

ひら木のZEH普及実績と今後の目標

2025年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は100%
2020年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2019年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2018年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2017年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は60%
2016年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は50%

MENU