感染症予防対策はこれからもしっかりと!

こんにちは。ひら木の広報担当の久米です。

海老名市内の桜もすっかり若葉が茂る葉桜になりました。今年も新型コロナの感染拡大防止を気にしつつお花見をしなければなりませんでしたが、桜シーズンを少しでも楽しめましたか?

春の陽気に誘われて外出を楽しみたいところですが、またもや新型コロナウィルス感染症が猛威を振るっています。感染者の増加傾向にあると連日報道されていることもあり、緊張感をもって予防対策を継続していかなければならないなと実感しています。

ところで、例年多数の感染者を出しているインフルエンザについては2020年秋から2021年春にかけてのシーズンで感染者数が例年の約1000分の1だったそうです。インフルエンザが流行入りすることなくシーズンを終えるのは、厚生労働省が医療機受診者数を調査し始めた1999年以降ではじめてのことだそうです。

ンフルエンザだけでなく、今年は感染性胃腸炎や水痘(みずぼうそう)、手足口病、流行性角結膜炎といった感染症も減少しているそうです。

感染症患者の減少には「ウィルス干渉」という、体内の細胞がウィルスに感染するとほかのウィルスに感染しにくくなるということも考えられるそうです。

何より大きく貢献したのは、多くの人がマスク・手洗い・消毒液を使う習慣ことだといわれています。新型コロナは私たちの生活を大きく変えましたが、例年のインフルエンザの流行も変えたのかもしれません。

新型コロナに限らず、あらゆる感染症に対する予防策が大切ですね。

これから暖かく、さらに暑い時期を迎えますが、引き続きマスクやこまめな手洗い、消毒液の仕様や室内の換気を心がけていきましょう。

さて、感染症予防対策に有効な手立ての一つである手洗いですが、みなさんのお住まいの洗面所の水栓にお悩みはありませんか?

 

ひら木では今月最終週末に「すまいの水栓お取替えフェア」を開催します。洗面用水栓に限らず、キッチンやバスルームの水栓やシャワーヘッドをバリエーション豊富にご案内いたします。この機会に実際に水栓を手に取って、使い心地を実感なさってみてください。ご来場いただく際には、事前にご予約いただけますとご案内がスムーズです。スタッフ一同、皆さまのご来場をお待ちしておりますので、お気軽にご連絡ください。

詳しいイベント情報はこちら

【住まい快適フェア】すまいの水栓お取替えフェア

ZEHビルダー

ひら木はZEHの普及に努めています!

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の略。

ネットゼロエネルギー住宅とは、建物の断熱化+機器の高効率化により、使用エネルギーを削減し、さらに、太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる住宅のこと。

ひら木のZEH普及実績と今後の目標

2025年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は100%
2020年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2019年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2018年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2017年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は60%
2016年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は50%

MENU