家づくりでお悩みの方必見!一年中快適な家を建てる方法を紹介します!

新しい住まいに入居し、生活し始めてから不満の上位になるのが「快適性」です。
快適性は住宅の満足度に直結する非常に重要なポイントです。
今回は一年中快適に暮らせる家とはどのようなものか、それを実現するためにはどうすれば良いのかご紹介します。

一年中快適な家の特徴を紹介します!

夏は涼しく、冬は暖かい家づくりの重要なポイントとなるのが、断熱性と気密性とパッシブデザインです。

断熱とは、どれくらい熱が伝わらないかを表す指標で、断熱性が高い場合は冬の冷たい外気の影響を受けにくくなり、夏の熱された外気が家の中に入りにくくなります。

気密性とは、どれほど隙間が少ないかを表した指標です。
隙間が少なければ少ないほど、空調機器によって丁度良い温度に調節された空気が外へ流出してしまうのを防ぎます。

以上の2つの指標である、断熱性と気密性が高ければ高いほど、エアコンなどの空調機器で生み出されたエネルギーが流出するのを防ぐことができます。

また、夏と冬の日光の使い方がポイントです。
太陽と風に素直なパッシブデザインにすることで、夏はなるべく日光と熱を入れず「涼しいまま」を保ち、冬はなるべく日光と熱を取り込んで「暖かさを逃がさない」ことで快適性を維持することができます。

当社は一年中快適に過ごせる家を提供しています!

当社はZEH住宅を得意としています。
ZEHは年間のエネルギーの収支がゼロまたはそれ以下になる住宅です。

断熱性と気密性を高めて、消費するエネルギーがより削減できる構造にし、さらに太陽光発電などでエネルギーを創り出すことで、エネルギー収支をゼロ以下にしています。
ZEHを実現するために、3つのポイントがあります。

1つ目は断熱と気密です。
外気の影響を受けにくい高性能な断熱材により気密性を高めることで、結露を抑え、断熱性能を向上させています。
また、これに加えて熱交換換気システムを使用して、エネルギーロスを抑えています。

2つ目は省エネ設備の導入です。
電気の消費を抑えたエアコン、エコキュートやハイブリッド給湯器など高効率な給湯システム、長寿命で電力消費の少ないLED照明などの省エネ設備を採用して、日常生活で消費するエネルギーを減らすことに加え、快適さや利便性を確保できる状態にしています。

3つ目はエネルギーを創り出すこと(創エネ)です。
消費エネルギー収支をゼロ以下にするためには、電力を創り出すことが必要で、太陽光パネルの設置などを行い、エネルギー収支ゼロを目指します。

以上の3つの要素が合わさった結果、一年中快適で心地よく、お財布にも環境にもやさしい住まいが実現します。

まとめ

今回は、一年中快適な家はどのような家であるか、それを実現するためにはどうすれば良いのか紹介しました。
当社は海老名市で、ZEHの注文住宅を承っています。
海老名市周辺で一年中快適な家に住みたい方は、当社までお気軽にお問い合わせください。

ZEHビルダー

ひら木はZEHの普及に努めています!

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の略。

ネットゼロエネルギー住宅とは、建物の断熱化+機器の高効率化により、使用エネルギーを削減し、さらに、太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる住宅のこと。

ひら木のZEH普及実績と今後の目標

2025年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は100%
2020年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2019年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2018年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2017年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は60%
2016年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は50%

MENU