夏も冬も快適な家を作るためのポイントをご紹介します

「夏場は夜中もずっと室内が暑くて寝苦しい」
「冬場は暖房をしているのに足元から冷えてくる」
住まいで生活していてこのようなお悩みをお持ちの方もいるのではないでしょうか。
年間通して快適な住まいは、室温に極端な変動がなく、各部屋の温度差がない住空間が確保されています。
今回は、夏も冬も快適な家を作るポイントと高断熱高気密の家のメリットについてご紹介します。

夏も冬も快適な家を作るためのポイントとは

1)家の断熱性能を高める

快適な住空間を実現するために、まずは家の断熱性を高めることが大切です。
家の断熱性能が高いと外気の影響を受けにくくなり、室温をコントロールするのに無駄なエネルギーを使わずにすみます。
家の断熱性能は、①断熱材、②窓・玄関などの開口部、③外壁・屋根材で大きく変わります。
断熱リフォームすることもできますが手間とコストがかかってしまうことが多いので、なるべく新築設計時に検討することが重要です。

2)家の気密性を高める

これまでの日本の住宅はすき間風が入り、気密性が非常に悪いつくりでした。
気密性を高めることで家のすき間からの暖気や冷気の流出入を減らすことができます。
すき間対策として気密テープやパッキンを使用したり、防湿気密シートを施工することで、目に見えないすき間を極力少なくし、気密性を高めることができます。
建物を高気密化することで空気の出入りが少なくなるため、計画換気による24時間換気が必要となります。

3)建築予定地の風の動きを知る

家の中に自然の風を採り入れるためには、事前に建設予定地の風の動きを知ることが大切です。
季節や時間帯、周辺環境によってどのように変化するのかを意識するようにしましょう。
適切な通風が確保できれば、夏場でもエアコンを使わずに涼感や心地よさを得ることができます。
このように自然の力を最大限活用することが、これからの家づくりには求められています。

高断熱高気密の家のメリットとは

1)家の中の温度差が少ない快適性:年間を通して室内が快適な温度に保たれます。
2)エネルギー効率が良く経済的:家の様々な場所から熱の流出入を抑えることができ、冷暖房効率がよくなるため、エネルギーを節約すると同時に光熱費も節約することができます。
3)室内環境が良く住む人の健康状態が向上:家の断熱性能が高いほど健康改善率が高いという調査結果があります。


また、家の断熱性能は高ければ高いほど、体へのストレスとなる急激な温度変化が少なく、健康へのよい効果が期待できます。
これにともなって医療費の削減につながることもポイントです。

まとめ

今回は、夏も冬も快適な家を作るポイントと高断熱高気密の家のメリットについてご紹介しました。
当社では、年中快適に暮らせて、健康に長生きして人生をとことん楽しむための高断熱高気密住宅をご提供しています。
高断熱高気密住宅のことは、当社にお気軽にお問い合わせください。

ZEHビルダー

ひら木はZEHの普及に努めています!

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の略。

ネットゼロエネルギー住宅とは、建物の断熱化+機器の高効率化により、使用エネルギーを削減し、さらに、太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる住宅のこと。

ひら木のZEH普及実績と今後の目標

2025年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は100%
2020年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2019年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2018年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2017年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は60%
2016年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は50%

MENU