子育てしやすい部屋作りについてお伝えします!

子育てしやすい家づくりと聞いて「家って子育てのしやすさに関係あるの?」と思った方もいるのではないでしょうか。

実は、工夫次第で子育てしやすい部屋作りができるんです。

そこで、今回は子育てしやすい部屋作りについて紹介します。

子育てしやすい部屋作りの工夫とは

子育て期の暮らし方、楽しみ方は家族ごとに異なるもの。

あなたとご家族にぴったりな「子育てしやすい」工夫を見つけてください。

効率良い家事動線

子育ては何かと時間に追われ、あわただしく済ませてしまうことも多いものです。

子供を見守りながら効率よく家事をこなせる動線にすることで時間にも気持ちにも余裕が生まれます。

オープンキッチン

食事の支度や洗い物をしながら子供の様子が見え、すぐに声をかけることもできるので、親も子も安心して過ごせます。

たたみスペース

子供部屋のような個室ではなく、リビングの一角にたたみコーナーを設けると、目の届くところでおもちゃ遊びやゴロンとお昼寝ができるスペースになります。

リビング階段

リビングを経由して上の階と行き来するリビング階段。 毎日の生活の中で、親がいるリビングの前を通り過ぎる際に自然に顔を合わせることができ、子供の様子を感じるのに役立ちます。

リビング収納

家族に集まるリビングには、モノもたくさん集まります。 子供のランドセルやお稽古バッグ、家族で共有するものをリビング収納にまとめればすっきりしたリビングを保てます。

スタディコーナー

キッチンの近くにスタディコーナーを設けると、家事をしながら子供の勉強や宿題を見てあげられます。 食事スペースとは別にすることで、気持ちも切り替えられる上、片づけも簡単に済ませられます。

子供の成長段階に合わせた子供部屋の作り方とは

「子育て」といっても子供の成長段階によって親と子の向き合い方は変化し、子供が過ごしやすい部屋のあり方も変化します。

乳児期・幼児期・ジュニア期・思春期と段階ごとに重視すべきポイントが異なります。

0~1歳の乳児期に個室の子供部屋は必要ありませんが、常に子供の様子がわかるような作りにする必要があります。

例えば、リビングの一角にベビーマットを設けて目が届くところで子供が過ごせるようにしておくと、子供が泣き出した時にもすぐに対応できるので安心して過ごせます。

1~6歳の幼児期は一人でできることも増えますが、まだ親のそばで過ごす必要があります。

この頃になるとおもちゃで遊ぶことも増えてくるので、子供専用の収納スペースを設けて「自分でお片付けする」習慣を育みましょう。

キッチン近くにキッズスペースとしてたたみコーナーを設ければ、そこで過ごす子供にお手伝いをお願いする声かけもしやすくなり、お手伝いができたという子供の達成感につながります。

7~12歳のジュニア期に入ると個室の子供部屋を検討するご家庭も増えてきます。

ただ子供によっては親と一緒に勉強や宿題をすすめたいということも。

リビングにあらかじめスタディコーナーや収納スペースがとれるようしておくのも一案です。

ごく短期間の対応ととらえるとあえて個室やスペースをもうけるのではなく、広めのダイニングテーブルやリビングテーブルを学習用に兼用するということも検討しましょう。

13~18歳の思春期は大人への準備期間であり、勉強に集中したり、一人で考えたりする時間やスペースが必要になります。

プライベートな空間として子供部屋を与えても、リビング階段や広めの洗面所などがあれば顔を合わせ、会話を交わすのに役立ちます。

不安や悩みが多いこの時期に、適度な距離を保ちながら子供の様子を感じられます。

まとめ

今回は、子育てしやすい部屋作りについて紹介しました。

あなたとご家族にぴったりな「子育てしやすい」部屋作りの工夫は見つかりましたか?

ひら木では、快適なマイホームを実現するためにお客様とスタッフが「家づくり」を共同作業で進めています。

皆さまのマイホームに対する理想や思いをぜひお聞かせください。

ZEHビルダー

ひら木はZEHの普及に努めています!

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の略。

ネットゼロエネルギー住宅とは、建物の断熱化+機器の高効率化により、使用エネルギーを削減し、さらに、太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる住宅のこと。

ひら木のZEH普及実績と今後の目標

2025年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は100%
2020年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2019年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2018年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2017年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は60%
2016年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は50%

MENU