おしゃれなリビングをつくるためのポイントを紹介します!

家づくりを進めていくと、住まいに対する理想や夢を実現させたくなるもの。
「雑誌やテレビで見るようなおしゃれなリビングで暮らしたい!」というのもごく自然なことです。
そこで、今回はおしゃれなリビングを作るためのポイントをご紹介します。

おしゃれなリビングづくりに必要な要素をご存知ですか?

おしゃれなリビングづくりに重要な要素の1つはテイストです。
テイスト次第で壁材や床材にどのようなものを選ぶか決まります。こうした内装材はリフォームすると高額になる場合が多いので、テイスト選びは早い段階から慎重に進めていきましょう。

テイストに関しては、雑誌やインターネットを利用して、リビングをはじめ各居室のインテリアを数多く見ていきましょう。
家具店ではテイストごとにインテリアを配置していることが多いため、実際に家具を見てイメージしてみるとよいでしょう。
色々なインテリアを見る中で、どんなところにひかれたのかという点に意識を向けると、自分の理想や好みのリビングの傾向が見つかるはずです。

長く使い続けても飽きが来ず、どんな方にも抵抗なく受け入れられるおすすめのテイストをいくつかご紹介します。

おすすめのテイスト<その1> モダン

ガラスや金属などの素材を主に使用したインテリアでまとめられているのがモダンテイストです和モダンやフレンチモダンなどのさまざまな種類が存在し、上質で都会的な印象を与えます。
家具もインテリアと合わせて洗練されたものを選ぶと統一感が増すのでおすすめです。

おすすめのテイスト<その2> ナチュラル

木の風合いや緑色の植物などを採り入れたインテリアでまとめられたナチュラルテイストは、自然特有の暖かい印象を与えてくれます。
色もなるべく原色や派手な色は避けて白やベージュなどでまとめると統一感が生まれやすいでしょう。

おすすめのテイスト<その3> 和テイスト

和テイストをインテリアに取り入れるためには茶色や緑などの自然素材の色をベースにすることがポイントです。
竹や漆喰、土壁などの伝統的な和風建築で使われる素材を用いると本格的な和の雰囲気を作ることができます。

リビングはレイアウト・色づかいでおしゃれな空間に

リビングで人気なのは、キッチンから見て長い奥行きの間取りを縦長リビング、またはL字状あるいは横に広がる間取りを横長リビングです。
リビングの形状は、家具の配置や視覚的開放感、生活動線や家事動線に大きく影響するところなので、はじめに検討しておきましょう。

雑誌やテレビ、家づくりガイドなどを参考に、あなたがマネしたい憧れのリビングをイメージしてください。
こだわり家具のコーディネートや高級感のあるテイスト、大きな窓や吹き抜け、リビング階段などを設けて明るく開放感のある空間にしたいというように、なるべく具体的に希望をリストアップしていきましょう。
縦長リビングは間取りの自由度が高く、家族の暮らしに合わせてアレンジがしやすいです。
しかしひとつの広い空間になりやすく、キッチンとダイニング、リビングの区別がつきにくいのも特長です。

また、動線や使い勝手をよりよくするために、テレビやソファ、テーブルのサイズなど、それぞれの距離感を考えたレイアウトが重要です。
ひとつの空間になっているリビングに区別をつける場合には、仕上がりや小上がり設計、アクセントクロスで視覚的に区切ることも有効な手段です。
横長リビングは、リビングとダイニングに並列する大きな掃出し窓から外につながる開放感とと採光の良さを活かすことができます。

縦長リビングに比べると、家具の配置や間取りに制限が出やすいですが、シンプルにレイアウトを組めるという利点も。
キッチンとダイニングを並べることで家事動線を短くすることができ、「リビングはリラックスするための空間」と区別することもできます。

レイアウトのほかに、おしゃれ感を左右するものとして「色づかい」が挙げられます。
壁・床・天井、そしてソファやテーブル、カーテンなど、リビングで大きな面積を占めるものは、全体のバランスを見ながら使用する色数を絞ることで統一感のある空間を作ることができます。
長時間、さらには長期間その場で過ごしていても飽きることのない配色にするとすっきりとした居心地のよいリビングになります。

リビングは家族が集まり、長く時間を過ごす場所。
生活の中心にあるリビングはおしゃれなだけでなく、過ごしやすく快適であることも重要です。
家族構成や暮らし方にあった快適な広さのリビング設計やおしゃれなリビングにレイアウトできるよう空間づくりをしていきましょう。
理想のリビングを具体的にイメージするためにも参考となる雑誌やテレビなど画像を集めておくと、家づくりの際にも役立ちます。

まとめ

今回はおしゃれなリビングを作るためのポイントをご紹介しました。
家全体の印象が決まるテイスト選びは、早い段階で慎重に進めることが重要なポイントです。
ひら木では、お客様のご要望を伺いながら、理想の家づくりのお手伝いをさせていただきます。「おしゃれなリビングにしたい」というあなたの思いをお聞かせください。

ZEHビルダー

ひら木はZEHの普及に努めています!

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の略。

ネットゼロエネルギー住宅とは、建物の断熱化+機器の高効率化により、使用エネルギーを削減し、さらに、太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる住宅のこと。

ひら木のZEH普及実績と今後の目標

2025年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は100%
2021年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2020年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2019年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2018年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2017年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は60%
2016年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は50%

MENU