暖かい家にするには?ポイントをご紹介します!

「冬でも暖かい家にしたい。」
「家の中が寒くて対策を見つけたい。」
というように、いまが一年の中で一番寒い時期だからこそ、暖かく快適な家に住みたいと考える方も多いのではないでしょうか。
冬の朝は家の中が冷え切っていて布団から出るのがツライ、しっかり暖房をしているはずなのに足元がスースー寒いというような冬に家の中でよくみられる現象にも、実は理由があるんです。
そこで今回は、暖かい家にするためのポイントについて紹介するとともに、「冬暖かい家は、夏暑いのか?」という疑問にお答えします。

暖かい家にするためのポイントとは

断熱

暖かい家にするためには、まずは断熱性を高めることが大切です。
断熱性能が低い場合、壁や天井、床など、表面温度が下がってしまいます。
表面温度の低下により体感温度が下がると、暖房やヒーターの設定温度を上げなければならないので光熱費もかかります。
1つの部屋が寒いだけなら、厚着をしたり暖房で部屋を暖めることで解決されるでしょう。
しかし、別の部屋が寒いままでは、トイレや洗面所、自分の部屋などに移動する際に温度差が生じてしまいます。
温度差が生じると、心疾患の原因となる「ヒートショック」のリスクが高まります。
特に入浴する際、暖かいお風呂と寒い脱衣場の温度差がヒートショック原因にもなるため、注意が必要です。
ご高齢の方がご家族にいる場合は、特にヒートショック対策は不可欠と言えます。
このように、断熱性能を高めることは家を快適に過ごすのみならず、家族の健康や命を守る対策でもあります。

気密

気密性が低い家は、見えない部分ですき間がたくさん開いている状態にあります。
暖めた部屋であっても空気が自由に行き来するため、すぐに部屋が冷えてしまいます。
屋内と屋外の空気が自由に行き来できるということは、室内の温度が外気温の影響を受けやすく、冬は寒く夏は暑い家になります。
家の気密性を高めることで 家のすき間からの空気や熱の流出入を抑えることができます。
こうすることで冷暖房効率がよくなり、エネルギーを節約すると同時に光熱費も節約することができます。
すき間対策として気密テープやパッキンを使用したり、防湿気密シートを施工しますが、 建物を高気密化することで空気の出入りが少なくなるため、計画換気による24時間換気が必要です。

換気

気密性を高めてすき間を最小限にすると、空気の循環がなくなり息苦しくなるのではないかと不安になる方もいるでしょう。
暖かい、すずしいという温度環境に加え、常に新鮮できれいな空気を室内に取り込み、湿気や汚染された空気を外に排出していることが快適な住まいには欠かせない要素です。
断熱性と気密性を高めておけば、熱の流出入による大幅な温度変化のない効率的な「換気」を行うことができます。
現代の住宅では、24時間換気が法律で義務付けられており、室内の快適さを維持しながら家全体の換気を行えるので、息苦しさの心配はまったくありません。
室内の温度や湿度をそのままに効率よくできる計画換気システムを利用すると、人も住まいも健全に長寿を迎えることができます。

冬暖かい家は、夏暑いのか?

冬でも暖かく過ごすことのできる高断熱高気密住宅。
こうした家では室内の上下の温度差がなく、部屋間の温度差もないため快適に過ごすことができます。
冬これだけ暖かいということは、夏になると暑くなってしまうのでは?と考える方もいるかもしれませんが、それは完全に誤解です。
夏に家の中が暑くなる大きな要因は、窓からの日射です。
窓から侵入する日差しを遮ることを日射遮蔽といいます。
夏涼しい高断熱高気密住宅であるためには、庇などで日射遮蔽をうまく行うことにより温度の上昇を防ぐことが重要です。
逆に、日射遮蔽ができていないと内部に熱がこもってしまうので、夏場はいかに家の外で日射を防ぐかがポイントとなります。
例えば、屋根の軒を深くしたり、サンシェードやすだれなどを設置したりすることで、夏のきつい直射日光が家の中に入るのを遮ることができます。
さらに家の北側に風抜き用の窓を高い位置につけると、効率よく空気の入れ替えが可能になります。
このように高断熱高気密住宅であれば、日射遮蔽の工夫をしたり自然通風をうまくとり入れることで、暑い夏場でも必要以上にエアコンの設定温度を下げることなく快適に過ごすことができます。

まとめ

今回は、暖かい家にするためのポイントについて紹介するとともに、「冬暖かい家は、夏暑いのか?」という疑問にお答えしました。
暖かい家にするためのポイントとして、断熱・気密・換気が重要となります。
冬でも暖かい高断熱高気密住宅であれば、暑い夏も含め年間通して快適に過ごすことができます。
ひら木では、年中快適に暮らせて、健康に長生きして人生をとことん楽しむための高断熱高気密住宅をご提供しています。
高断熱高気密住宅のことは、ZEH6つ星プランナーのひら木にお気軽にお問い合わせください。

ZEHビルダー

ひら木はZEHの普及に努めています!

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の略。

ネットゼロエネルギー住宅とは、建物の断熱化+機器の高効率化により、使用エネルギーを削減し、さらに、太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる住宅のこと。

ひら木のZEH普及実績と今後の目標

2025年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は100%
2021年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2020年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2019年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2018年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2017年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は60%
2016年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は50%

MENU