大手ハウスメーカーと工務店の違いは?あなたにピッタリな住まいづくりのパートナーはどっち?

注文住宅を依頼するとき、大手ハウスメーカーと工務店のどちらに依頼すべきか迷うという声を耳にすることがあります。
そもそも、ハウスメーカーと工務店にはどのような違いがあるのかをご存知ないという方も多いようです。
今回は、ハウスメーカーと工務店の違いや、住まいづくりのパートナー選びのポイントをご紹介します。

大手ハウスメーカーの特徴

ハウスメーカーとは、全国各地に拠点を持つ大手住宅建設会社のことです。
自社で生産設備を持っており、建材の仕様や規格が決まっているため、安定した品質と工期の短さが特徴です。
ネームバリューがあり、安心して依頼できそうな大手ハウスメーカーですが、企業規模の大きさゆえにデメリットもあります。
たとえば、統一規格のためプランの自由度が低く、特殊な形状や傾斜地だと施工費が跳ね上がる可能性があります。
また、住宅展示場などで自社ブランドを展開したり、テレビCMや新聞折り込みチラシ等で販促を盛んに行うなど販促に経費がかかっているため、施工費が割高になることもあります。

工務店の特徴

工務店とは、地域密着型の建設会社のことです。
規模はその会社によってさまざまで、数名の小さな会社から数百名規模の大きな企業もあります。
設計から施工、完成までを管理し、地域のその他業者と連携している場合が多く、地元での実績や評価が得やすいのが特徴で、もしもの場合もスピーディに対応してもらえることが多いです。
また、大手ハウスメーカーに比べて自由度の高い施工が可能という点が工務店の最大の特徴です。
それぞれの工務店によって個性や得意分野があり、地域密着型、フランチャイズ型、中堅ビルダー型など形態もさまざまです。
デザイン性重視、エコハウスに特化、リフォーム事例が豊富というように、希望する分野が得意な工務店を探すと良いでしょう。

あなたにピッタリな家づくりのパートナーは?

大手ハウスメーカーと工務店の特徴を理解した上で、自分にピッタリな建設会社を選ぶ際には、以下のようなポイントで考えてみましょう。

ブランド力や安心感を重視するならハウスメーカー

安定感、安心感を重視し、デザインや間取りはスタンダードなもので良い場合はハウスメーカーがおすすめです。
品質が一定で、長期間のアフターメンテナンスも充実しているため、建てた後も安心して暮らすことができます。

 自分好みの家づくりを優先するなら工務店

自分好みの家づくりを実現したい方には工務店がおすすめです。
間取りやデザイン、建材などにこだわり、世界にひとつだけの個性的な家づくりが可能です。
地域密着型のため、地域の気候や環境に関する知識やノウハウも豊富である点も安心感があります。
住まいにもしものことが発生した場合にも、すぐに駆け付け対応してもらえるという点も心強いです。

なお、ひら木は地域密着型の建築会社で、一級建築事務所を設計専門部署として備えています。
相談から設計・施工・アフターサービスまでを一貫して行い、世界にひとつだけの理想の家の実現をサポートさせていただきます。
住まいにもしものことがあった場合にはすぐに対応でき、保証内容やサポート体制も充実しております。

まとめ

大手ハウスメーカーと工務店との違いを知り、ご自身が重視するポイントを考えてから家づくりのパートナーを選ぶことをおすすめします。

私たち ひら木は、新築注文住宅を中心に施工している工務店です。
海老名市を中心に神奈川県内に展開し、地元密着でお客様の夢や希望にお応えできる住宅づくりを心がけております。

ZEHビルダー

ひら木はZEHの普及に努めています!

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の略。

ネットゼロエネルギー住宅とは、建物の断熱化+機器の高効率化により、使用エネルギーを削減し、さらに、太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる住宅のこと。

ひら木のZEH普及実績と今後の目標

2025年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は100%
2021年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2020年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2019年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2018年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2017年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は60%
2016年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は50%

MENU