オシャレな壁掛けテレビ。設置する前に知っておきたいメリットとデメリットを解説!

テレビが薄型化している昨今、テレビをスタイリッシュな壁掛けにする方が増えています。
「新築する時には壁掛けテレビにしたい!」と憧れている方も多いのでは?
今回は壁掛けテレビのメリットとデメリット、買い替え時の注意点をご紹介します。

壁掛けテレビのメリット

省スペースで、見た目もスッキリ

一番のメリットは部屋がスッキリしてオシャレなこと。テレビをインテリアの一部として、おしゃれかつスマートに設置できます。
また、テレビ台が不要なのでテレビの下や周りに自由なスペースが生まれ、家具のレイアウトの幅が広がります。

掃除が楽になる

テレビは静電気でホコリを寄せ付けてしまうので、掃除が大変。
壁掛けテレビならテレビ自体はもちろん、配線は壁の中にあるのでホコリもたまりにくく、掃除がとても楽になります。
日々のことですから、このストレス軽減は大きなメリットですね!

地震に強い

地震の時、家電の中で一番倒れやすいのがテレビといわれています。
テレビの下敷きになってけがをしたり、テレビが壊れたりしたら大変なことに。
壁掛けテレビは固定されているので、地震で倒れたり、落下する心配はありません。

設置時に最適な高さを選べるので、画面が見やすい

テレビ台やテレビボードは高さが決まっているので、それにあわせてテレビを見るスタイルが決まってしまいますが、壁かけテレビは画面の位置を最適な高さに調節できるので、テレビを見るスタイルに合わせた高さに設置が可能です。
床に座って見たり、ソファーや椅子に座って見る、立って見るなど、どんな体勢でも見やすい方が良い場合は、床から高さ100cmに設置すると良いといわれています。

壁掛けテレビのデメリット

簡単に位置を変えられない

壁掛けテレビは壁に穴を開けて金具で固定するため、テレビの位置を変える場合は、壁に穴を開けるところからやり直す必要があります。
模様替えが好きな人には向いていないかもしれません。

取り付けられる壁が限られている

壁掛けテレビはどんな壁でも取り付けられるわけではありません。
例えば片引き戸の戸袋にあたる薄壁部分は強度が不足するため、設置は難しくなります。
新築の場合は前もって設置したい場所を決め、担当者と打ち合わせをしておきましょう。

設置が難しい

壁掛けテレビの配線は壁の中の配管を通したり、ケーブルモールで隠したりすることが多く、自分で行うとなると大変な作業に。
DVDプレイヤーやゲーム機器などの周辺機器があればあるほど、接続と配線の処理に手間がかかります。
改めて業者に頼むと費用がかさむので、やはり新築時に設置しておくのがおすすめです。
また、周辺機器の置き場所を考えておくことも忘れずに。

配線が見えてしまう

テレビ本体には様々な配線を差し込む必要があります。
特に電源やアンテナケーブルは壁掛けテレビを想定していない部屋の場合、床に近い位置にプラグがあることがほとんどで、配線が丸見え状態になってしまうことも。
新築の場合は、あらかじめ配線計画を立てておくことが大切です。

 

テレビ買い替え時の注意点

違うメーカーのテレビを設置する場合は、取り付け金具も別のものに替えなければいけない場合があります。
また、同じメーカーでも大幅にテレビのサイズが違う場合は、金具の位置を変える必要が出てくることがあるので注意する必要があります。
新築時なら、広めに壁の補強をしておくと、大きなテレビに買い替える時も安心です。

まとめ

洗練されたオシャレな空間づくりが叶う一方、簡単に場所を移動できないなどのデメリットもある壁掛けテレビ。
様々な特徴を踏まえ、ご家族に合ったテレビを選ぶことが一番ですが、自分では手軽に設置できない分、新築時は壁掛けテレビにする絶好のチャンスといえるでしょう。
見た目にも実用的にも、快適な環境をひら木がご提案いたします。どうぞお気軽にご相談ください。

ZEHビルダー

ひら木はZEHの普及に努めています!

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の略。

ネットゼロエネルギー住宅とは、建物の断熱化+機器の高効率化により、使用エネルギーを削減し、さらに、太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる住宅のこと。

ひら木のZEH普及実績と今後の目標

2025年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は100%
2021年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2020年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2019年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2018年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2017年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は60%
2016年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は50%

MENU