断熱リフォームするなら今がチャンス!

脱炭素社会の実現や健康リスクの低減を目指して、「既存住宅における断熱リフォーム支援事業」が進んでいます。
一定の要件を満たす断熱改修に対して補助金が交付されますので、断熱リフォームを計画される方は活用をおすすめします。

令和4年度経済産業省による次世代省エネ建材補助金が使えます!

上限300万円/戸(5~8地域)
【1~4地域 400万円/戸】

この機会をお見逃しなく!
補助金を活用してお得に断熱リフォームするなら、ひら木にお任せください!

補助金事業の内容

対象

戸建て住宅/断熱材(外壁)・断熱材(天井・床)・窓・玄関ドア・断熱パネル・潜熱蓄熱建材・調湿建材・高効率換気システム

要件のポイント

外気に接する外壁すべてを外張り断熱工法等で回収すること

補助金額

補助対象経費の1/2以内

【上限額】1~4地域:400万円/戸・5~8地域:300万円/戸

令和4年度断熱リフォーム補助金の公募スケジュール

■第1公募  5/9~8/26

■第2公募  9/5~10/21

■第3公募  10/31~11/30

 

※この事業に関する詳細は、Sii一般社団法人環境共生イニシアチブのホームページでご確認ください。
SII:一般社団法人 環境共創イニシアチブ|事業トップ(令和4年度 次世代省エネ建材支援事業)

ZEHビルダー

ひら木はZEHの普及に努めています!

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の略。

ネットゼロエネルギー住宅とは、建物の断熱化+機器の高効率化により、使用エネルギーを削減し、さらに、太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる住宅のこと。

ひら木のZEH普及実績と今後の目標

2025年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は100%
2021年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2020年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2019年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2018年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2017年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は60%
2016年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は50%

MENU